履歴書

会計士に転職するテクニック|好条件で働くには

仕事探しの幅は広い

男性

選びやすい次の仕事

会計士に合格するためには非常に難易度の高い試験をクリアしなければなりません。1度の受験で合格できる者もいれば、時間かけてようやく合格する者もいるため、取得するためには勉強をし続ける強い覚悟が必要です。しかし、合格することができれば会計の専門家として活躍できるようになります。会計が不要な企業は存在していないため、経験さえ積めば独立も夢ではありません。独立をするとなれば自身が経営者となって責任のあるポジションの中で仕事をしなければなりません。また、すぐに経営が軌道に乗るわけではないので、リスクがあります。そのため、会計士としての経験を転職する形で活かす選択肢も残されています。会計士として転職を行う場合に理解しておきたいのは、仕事探しの幅は広いので選びやすい点です。たとえば、企業の経理部門への転職であれば、多くの経理求人の応募資格を満たしています。経験年数という部分で応募できない求人はありますが、会計士の資格と経験があれば応募可能な求人は非常に充実しています。ですから、条件の良い求人へ応募できるため、予想を超える待遇の企業に転職も夢ではありません。しかし、初めての転職ということで正しいやり方がわからず、困ってしまう状況は考えられます。会計士から初めて転職を行う時は転職サイトの活用をおすすめします。転職サイトは自身の経歴や資格、希望条件を登録しておくだけで企業側からスカウトを受けられるため、自ら求人へ応募をしなくても転職先を決められます。

女性

貿易業務の幅広さ

貿易事務の求人は一般事務よりも専門的な知識や経験が求められます。海外との取引に必要な知識が必ず生きてきますし、その後のキャリアも幅が広く、廃れない業界であることからもこれからますます盛り上がる業界でしょう。

男性と女性

安心して働くには

リバティは派遣の中でも人気となっている仕事です。リバティは、貿易事務に関する派遣をメインにしています。もちろん、別の派遣も行っており、その人が働きたいという希望の場所を探せます。キャリアアップをしたいという人にも人気があります。

スマホ

スマートフォンを販売する

携帯販売のアルバイトは、現在とても多く募集が出ています。仕事の特色は、お客様の対応であり、新規加入や機種変更、また、プランなどの説明を行います。携帯販売アルバイトの利点は、時給が高く、携帯やスマートフォンに詳しくなれることでしょう。