仕事

会計士に転職するテクニック|好条件で働くには

  1. ホーム
  2. 貿易業務の幅広さ

貿易業務の幅広さ

女性

内容をよく見て決めよう

求人欄には日々様々な仕事の募集が溢れていますが、今回は貿易事務にフォーカスしたいと思います。貿易事務の求人は通常派遣がメインです。正社員で応募する場合は商社に新卒で入るか、キャリアを磨いて転職するかのいずれかです。貿易事務と言っても求人により様々です。専門商社もあれば、総合商社もあります。どの貿易事務に携わりたいかはどのような仕事内容に関わりたいかによって決めます。例えば英語を使いたい人は海外営業部に入り、海外取引先などとやり取りします。英文メールや電話を普段の業務から使用する為、バリバリ語学を活かしたい人に向いています。電話は苦手だという人は入力のみの業務もありますが、求人で見かけるのは稀でしょう。あったとしても英語を少し使えて入力のみなどの業務は人気ですしアルバイトの部類で言うなら時給は高く貰えます。その為、貿易事務の求人は仕事により給料が変わる実力主義な部分もあります。例えば、営業部署で営業が日中は出っぱなしのような状態の場合なら貿易事務は全てを管理しなければなりません。顧客対応や知識が必要な面、特に海外の法律などが絡むと貿易事務はかなりの知識と経験が求められます。もしこれから求人で探したい人は派遣会社やエージェントを通すのが一番良いかもしれません。貿易事務で経験を積むと他の道も見えてきます。アドバイザーや個人経営がその例です。貿易に限らず専門的な知識を持つ人は重宝される為、キャリアに困りません。